NK麦025 #664(百貨店限定)

$217.92 (税込)


※実物はラベル部分の#663→#664のみ変更になります

シスターカスク #664

2022年9月20日に販売を開始し、わずか6分で完売となった「NK麦025 カスクナンバー#663」
ご購入いただいたお客様、直接取引のある飲食店様から、多大な評価をいただきました。
この度、そのシスターカスクである「NK麦025 #664」(カスクナンバー#664)を2月11,12日に、ホテルニューオータニにて開催される、三越伊勢丹の外商「逸品会」にて初披露いたします。

今回の#664は、熟成年数(25年)と、色がシスターカスクなだけに似ています。
※シスターカスクとは
その名の通りSISTER(姉妹)樽という意味で、番号が隣り合う環境下で熟成されたため、スペックも近く、味わいの系統も似ている傾向が多い樽です。

ただ味わいについて傾向はあまり変わりませんが、#663が最初は味わいの線が細く、時間が経つにつれ蜂蜜のような甘い香りを筆頭に開いてくるのに対し、この#664は口に含んだ瞬間から分かりやすい甘さを感じられるのが特徴で、ピーチなどの味わいも垣間見えます。

樽熟成ではエンジェルズシェア(別名:天使の分けまえ)と呼び、年数を経るごとに中身の原酒が蒸発してします。上記画像に453ℓとありますが、25年も樽熟成をすると1/3程度しか残っておらず、数百本のみのボトリングになってしまい大変貴重になります。
前回の#663があまりにも好評であった事、そして代表の橋本含む関係者ともに#664の方が味わいの評価が高い為に、前回より値上げをさせていただき、おひとりさま4本までとさせていただきます。ご了承ください。
25年の歳月が醸し出す味わいを、毎日の少しの贅沢としてお愉しみください。

 

《以下#663の詳細》

樽熟成への情熱

SHOCHU Xリリース当初から、パートナーとして原酒提供いただいており、長期熟成に特化している福岡のゑびす酒造から、カスクナンバー#663のアメリカンオーク樽を譲り受けました。
ゑびす酒造は焼酎メーカーながら、1960年代から樽熟成をスタートしています。熟成というのはもちろん時間のかかるプロセスです。その知見と共に、長きにわたって使い続けてきた古樽も所持しており、樽が枯渇している現在において、なかなか珍しいようなものもあります。

シングルカスクでのボトリング

このNK麦025#663はサードフィルのアメリカンオーク樽で熟成。スピリッツにも色の制限があります。熟成年数の割には色がついていないと思われますが、25年の月日が経ちながらも、シングルカスクでこの制限以下で商品化できる樽熟成原酒はかなり珍しく、昔から樽熟成を行なっていたからこそできる商品ともいえます。
※シングルカスクとは:他の樽の原酒をブレンドせずに、単一の樽から瓶詰めされたもの。
※サードフィルとは:初めて熟成に使用される樽を「ファーストフィル」と呼びますが、その樽から原酒を取り出して、2度目の原酒を投入して再び熟成に使用すると「セカンドフィル」に、さらに3度目の投入を行って樽熟成を行うと「サードフィル」になります。

繊細で妖艶な味わい

スイート&リッチで、長期熟成でしか生み出せない味わいを存分に感じることができます。エレガントな芳香で、蜂蜜のような甘さと少しのメロンなどのフルーツ感。熟成による色気が凝縮された1本です。


JAPANESE DARK SPIRITS SERIESとは

焼酎の可能性をもっと広げていくために、JAPANESE DARK SPIRITS SERIESはスタートしました。代表の橋本が九州各地の選りすぐりの酒蔵より原酒を厳選又はブレンドし、日本の蒸留酒として広げていくとともに、世界のブラウンスピリッツにも引けを取らない、スピリッツ原酒のみを商品化いたします。定期的に販売していくので、ぜひリリースを楽しみにお待ちください。

商品詳細

製造者 ゑびす酒造
アルコール分 41 度
種類 スピリッツ
原料名 ニシノチカラ
米麹(白麹)
酵母 鹿児島5号酵母
蒸留方法 常圧蒸留
熟成方法 アメリカンオーク樽
内容量 500ml
※商品は製造元ではご購入いただけません。ご注意ください

 

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)