数百年の時を経て、異文化が
複雑にクロスし、
個性と多様性のある
スピリッツに昇華された焼酎。
その奥深い伝統に独創的なコンセプトを
融合することで、
焼酎の再定義と
エクスペリエンスの創造に挑み続けます。

代表挨拶

焼酎の未来をつくるために

焼酎の誕生は今から約500年前。既にこの時代から、庶民の酒として親しまれてきました。麹との相性の良さ・戦前の酒税法・豊富な水資源などが相まって、焼酎は「食中酒」として文化に浸透していき、南九州の地酒にしか過ぎなかった焼酎ですが、1970年第一次焼酎ブームを機に、日本中で消費され、日常に根付きました。そして2022年現在。幾度かの焼酎ブームを経て、日常酒・そして國酒としてのポジションを得ました。

少子化が進む日本と、急速に進化する世界。
この不安定であり、もの凄いスピードで変化する現代、消費者の趣味嗜好やライフスタイルも変容し、焼酎も変革していくことが責務だと考えています。

「TRANSFORM SHOCHU」
20世紀の大量生産型のシステムから脱却する為に、世界の蒸留酒シーンを捉え、焼酎を再定義、そして創造していきます。